運輸安全マネジメント

当社は、安全輸送を確保するために、以下の通り全社員が一丸となって取り組み、お客様に快適で安全な輸送を提供いたします

1.輸送の安全に関する基本的な方針

  1. 社長は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全確保に主導的な役割を果たします。
  2. 社長は、輸送の安全に関する計画の策定、実行、確認、改善(Plan Do Check Act)を確実に実施し、安全対策の不断を見直すとともに、全従業員が一丸となって、業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。
    また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表します

2.輸送の安全に関する重点施策

  1. 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規定に定められた事項を遵守します。
  2. 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行ないます。
  3. 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正・改善措置及び予防措置を講じます。
  4. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を速やかに伝達し、共有します。
  5. 輸送の安全に関する教育及び研修の具体的な計画を策定し、これを確実に実施します。

3.輸送の安全に関する目標

  1. 人身事故ゼロ
  2. 飲酒運転・薬物使用の撲滅
  3. 社員全員がゴールド免許を目指す
  4. 事故件数を50%削減

4.輸送の安全に関する達成状況・事故に関する統計(平成26年1月~平成26年12月)

  1. *人身事故 0件 *物損事故 0件 *車両事故 0件
  2. 飲酒運転・薬物使用の撲滅
  3. 飲酒運転防止の為に、乗務前・乗務後点呼の際にアルコール検査の確実な実施。
    又、宿泊をともなう事により、対面点呼を実施できない場合は、宿泊施設の方の立会いのもとアルコール検査を実施しており、薬物に関しては、乗務員研修時にDVDや薬物依存の体験手記を配布して周知徹底しております。
  4. 社員全員が無事故・無違反達成。引続き全員がゴールド免許達成にむけて、取り組んでいきます。